May ii (メイアイ)ロゴ

「May ii」でユニバーサルなまちづくりと経済活動の活性化!「ユニバーサル都市・福岡賞2019」表彰式をレポート

2019年11月3日(日)、ユニバーサルデザインの考え方に基づく優れた取り組みや製品を紹介する見本市「ユニバーサル都市・福岡賞2019」の表彰式が開催されました。
福岡市の天神・博多エリアで、ユニバーサルなまちづくりを目指して活動してきた「May ii」が見事、最優秀賞を受賞しました。今回はその表彰式の様子や「May ii」の今後について、お伝えします。

ユニバーサル都市・福岡とは

「ユニバーサル都市・福岡」とは、「ユニバーサルデザインの理念のもとに、誰もが思いやりを持ち、すべての人にやさしいまち」のことであり、福岡市は、ユニバーサル都市・福岡の実現を目指し、市政の柱の1つとして推進しています。
この考え方や取り組みをより多くの人に伝えるために、ユニバーサルデザインの考え方に基づく優れた取り組みや製品、アイデア等を紹介する「ユニバーサルデザイン見本市」を毎年開催したり、高齢者も車いすユーザーも乗降車しやすい「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」(おサルのマークが目印!)を福岡市内で走行させたりと、さまざまな取り組みを意欲的に進めています。
その一環として、「ユニバーサル都市・福岡賞2019表彰式」が開催されました。

表彰式で「May ii」が最優秀賞を受賞!

表彰式では、助けあいアプリ「May ii」が最優秀賞に選ばれました!「困った人と助けたい人をマッチングし、人にやさしい社会を創る」という、ハードではなくソフトでのユニバーサルデザインを実現するコンセプトが多くの審査委員の心に響いたようです。

審査委員コメント
「困っている人を見つける、そして声をかけるというアクションのきっかけとなる素晴らしい取り組み。サポータ数の拡大、人助けマッチングの精度は更なる向上が必要。」

なお、その他の受賞者は以下の通りです。
◇優秀賞 株式会社ACLA「全自動折り畳み式電動カート」
◇市民特別賞 赤坂小学校 「目指せ! ユニバーサルな町 赤坂」
◇アイディア賞 加来美月さん 「メロディー機能付き白杖」
詳しくはこちら:https://www.city.fukuoka.lg.jp/ucf/index.html

「共助促進プラットフォーム」として市民や企業が参加できる仕組みへ

今後ますます「高齢化社会」「サービス業の人員不足」「地域交流の希薄化」などユニバーサル社会に向けた課題が顕在化していきます。
アプリを活用して、地域住民や企業市民ひとりひとりがユニバーサル社会実現にむけて関与できると共に、「困りごと解決からはじまる住民交流」「福祉の実践型教育」「ボランティア人口・活動の増加」など経済活動の両面に寄与できると考えています。

「ユニバーサル都市・福岡賞2019」の最優秀賞受賞をきっかけに、より一層ユニバーサルなまちづくりに貢献できるように力を入れてまいります。「May ii」を通じて、市民の皆様の助けあい行動を促進する“きっかけ”をつくれるよう、今後も福岡市での活動を進めてまいります。

 

    • Google Playでアプリをダウンロードする
    • App Storeでアプリをダウンロードする
コラム一覧へ戻る
May ii(メイアイ)アプリ

スマホがつなぐ、助けあいアプリを
今すぐダウンロード!

  • Google Playでアプリをダウンロードする
  • App Storeでアプリをダウンロードする
ページトップへ戻ります