May ii (メイアイ)ロゴ

札幌最大級!約200万人が訪れる「さっぽろオータムフェスト」に「May ii」が出展

2008年より、毎年9月に行われている北海道・札幌最大級のグルメイベント「さっぽろオータムフェスト2019」。例年約200万人の来場客で賑わうこの会場に、今年は「May ii」のブースも9月15日(日)、16日(月・祝)に4丁目会場にて出展しました。
今回はブースの様子と合わせて、実際にアプリを活用しているユーザーの意見を元に、”助けあいアプリ”「May ii」の魅力と、さらなる可能性についてお伝えします。

約半数は観光客!会場で「May ii」を紹介


オータムフェストの来場客の55.6%は、札幌市外から来た観光客です。終日多くの人で賑わい続ける会場の中には、車いすでお越しの方や、ベビーカーを押すお母さんの姿も多く見られました。他にも海外からの来場者が全体の2割もいるとのこと。会場では、そういったさまざまな方にアプリを知ってもらうべく、来場者の方にチラシやうちわを配布して紹介しました。

「おいしいラーメン屋さんはどこだろう…」。そんな観光でちょっと困ったときも、地元の人ならではの”ツウ”な情報を教えてもらえるアプリとして、「May ii」の利便性は発揮されそうです。

賑わうブースに、「May ii」ユーザーも続々来訪


現在「May ii」は、JR札幌駅から地下鉄すすきの間が利用エリアになっています。来場者の中には、実際に「May ii」を利用している方も多くいらっしゃいました。使っている方から、「どんな時に使っている?」「使いやすい?」などの感想やあたたかい応援メッセージをいただきました。

近くにいて声が届かなくても、「May ii」があれば5分で解決


写真中央の車いす使用の男性は、アプリを活用してイベントブースまで来たそうで、その体験を話してくださいました。
私用を終えイベントに遊びに行こうと車で向かって到着!ただし、車いすを車のトランクから下ろせずにいました。そこでこのアプリを起動して「ちょっとの段差で困っている」とボタンを押してサポートを依頼したところ、ブーススタッフがサポート依頼の通知に気づき、駆けつけてくれたとのこと。
「アプリのお陰で5分ほどで車いすに乗ることができ、無事ブースに来れました。」とサポーターへの感謝の声も聞くことができました。

ユーザーの声でわかった「May ii」の使い心地とさらなるポテンシャル


今回のようなケース以外にも、「人通りが少ない時も、アプリなら少し離れた場所の方にも手伝いをお願いできる点が便利」と感じているそうです。また、「自分は直接声をかけて助けを呼ぶこともできるが、アプリを使えばシャイな人や女の人でもお願いしやすくなると思うので、ぜひそういった方にもおすすめしたい」と、使っている方ならではの意見を教えてくださいました。

実際にアプリを利用しているユーザーの感想やブースに訪れてはじめてアプリを知った方々からのお話を通じて、改めて「May ii」の可能性を実感することができました。さらに「May ii」のユーザーが増えていけば、その分手助けの確率も高まり、より多くの人が移動やお出かけを楽しむことができると感じました。

「手助けがほしい!」「手助けできます」と声をかける機会が増えることで、よりあたたかい社会がつくられていきそうですね。

 

    • Google Playでアプリをダウンロードする
    • App Storeでアプリをダウンロードする
コラム一覧へ戻る
May ii(メイアイ)アプリ

スマホがつなぐ、助けあいアプリを
今すぐダウンロード!

  • Google Playでアプリをダウンロードする
  • App Storeでアプリをダウンロードする
ページトップへ戻ります